いよいよのぼり米の苗が大地に根をおろした。

特殊肥料"無限"の散布
4月下旬、特殊肥料"無限"が田んぼの土に散布され、いよいよ田んぼづくりが始まった。

田植え風景

5月下旬、不安と期待が入り交じる中、のぼり米の苗が大地に根を下ろした。

 日向地区の生産者の方々との初めての顔合わせの日、特殊肥料"無限"とウジエプライべートブランド"のぼり米"生産の実現に向けて、吉田には生産者の方々に伝えたいことがたくさんあった。

 この豊かな登米耕土の力を活かしたいこと、米を通して地域おこしができたらいいなぁと考えていること、この構想が登米市のブランド力の向上につながり、さらには地域のみなさんが未来に向けて光を感じられるようなものにしたいこと。登米市の活性化は農家の元気なくしてはありえないこと。そしてウジエグループにとってもメリットがある事業に育てたいこと等々、吉田は誠心誠意を込めてプレゼンテーションをした。

 この物語は登場人物の誰が欠けても実現しない構想であるが、何より実際に手をかけて米づくりにたずさわってくれる生産者の方々がいなければ、米づくりはできない。この日の打ち合わせの内容が、その後のプロジェクトにとって、大きな鍵になることは明らかだった。